ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2006.12.29 Friday

九つの命

大阪市動物管理センターにいる9匹のワン達の命が繋がった。
この記事を見た時、悔しかった。とても悔しかった。
悪い頭でどうすれば良いのか考えた。信用している人に私の心の内をメールで訴えた。迷惑をかけてしまった。
そして冷静に優しさ一杯に信じよう、絶対に大丈夫だからと励まして貰った。
28日動管に確認の電話。そんな事しか出来なかった。冷静に対応してくれた男性職員との話し合い。まず処分は無いと。アーク・エンジェルズの今後のレスキューの事に関しても話しをして貰った。これは氷山の一角。何よりも持ち込む人間が悪い。
悪い…では済まされない事。いつになったら『二酸化炭素ガスによる窒息死』と言う
悲惨な言葉が無くなるのだろう。
2006.12.26 Tuesday

ワン達には罪は有りません。お願い致します。

助かろうとしている命があります。
助けようとしている人間がいます。どうかお願い致します。



ガス処分され新年を迎えられないワン達



時間が有りません。助けて上げて下さい。宜しくお願い致します。




★今回コメントを受け付けないこと、ご了承ください。ごめんなさい。。。






2006.10.03 Tuesday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【7】

思えば『ARK−ANGELS』の存在を知ったのは今年5月30日。
ウチの駄犬共々、大変お世話になり犬の知識満載のオーナーが経営されているドッググッズ専門店、美味しいコーヒーも飲めるお店で。お話しをオーナーからお伺いして帰宅後すぐにARK−ANGELSのHPを開く。知っている様で全く知らない世界だった。処分施設での殺処分。"薬物による安楽死"ではなく"炭酸ガスによる窒息死" 最後まで苦しんでワン達は死んでいく。

処分施設に入れられるワン達の経緯は色々とある。ARK−ANGELSのHPでも書かれているので改めて覗いて欲しい。その後、夫婦共働きで決して世間で言う、お金持ちでは無いがペットシーツ等いくらでもいるであろう消耗品を、わずかだが毎月送る様になった。そして度々この私の、へぼブログでも処分施設での殺処分を取り上げてきた。今回、たくさんコメントを頂いた方の様にウチのワンのブログでは無く、私個人的なブログだが。(ワンのHPは別にあり親バカ振りを発揮しているが)

ARK−ANGELSに居る先住犬『ジィ』のAngels' ownerにもなった。1口3000円からだ。勿論、続けて行きたいので1口分の振込み。無理せず出来る範囲でと思った。最初はかなりひどい状態で処分所でレスキューされた(詳細)が今は第2の犬生、元気になり過ぎている。
ジィ ジィ

クリックして画像を大きくして見てください。ジィの幸せな顔を見て上げて下さい

他のワン達がお昼寝しているのにウロウロ。今日のジィは珍しくお昼寝中だった。ジィの日記を見て頂くと分かるが死にぞこない(表現は悪いが愛情をこめて元気に復活したジィをスタッフさん達と度々口にする)のワンが人間の愛情を受けるとこうなるのだ。16歳の老犬を処分施設に持ち込んだ馬鹿飼い主は今のジィを想像出来ないだろう。

河川敷の片隅で10頭の子供を産んで処分所に連れて行かれたゆきちゃん。
河川敷の野犬の為、中々人間になつかなかった様だ。ARK−ANGELSのスタッフさんの愛情あるお世話のお蔭で今はやっと部屋の机の下だけど入れる様になり数回しか会っていない私達が行っても怖がる事もなくなった。まだ、私達が撫でて上げる事までは出来ないが「ゆきちゃん元気?」と呼びかけるとジッとこちらを見てくれる。とても目の綺麗なゆきちゃんだ。
ゆきちゃん ゆきちゃん

ゆきちゃんの日々のブログも見て上げて下さい

そして今日始めて会った広島からレスキューされたワン2匹。体はこんな状態だけど検査の結果、内臓等は今の所異常無しとの事。元気に部屋の中をウロウロしていた。決して広いリビングでは無いけど、今までの環境から比べたら天国!お水もガブガブと飲んでいた。

痩せいて分かりにくいがラブラドールとスタンダードシュナウザー


広島ドッグパークの件で今までの様に処分所からのレスキューが思う様に行なわれない状況だ。仕方が無い事だ。広島の頭数が多過ぎたのと瀕死のワン達が多すぎた。広島ドッグパークも人間の仕業。処分所に殺処分と分かっていて何年も一緒に過ごしたワンを平気で持ち込むのも人間。

広島ドッグパークは広島市での出来事だけど処分所は各都道府県にあるはず。数の違いこそ有るけれど広島ドッグパークの出来事は毎日、確実に行なわれている事である。今回たくさんの方が私のへぼブログに訪問下さった。広島ドッグパークの件だけでは無く処分所の事も知って頂きたく改めて書かせて頂いた。そして、小さな『ARK−ANGELS』の大きな戦いはこんな処分所からのレスキューから始まっていた事も知って頂きたかった。

広島ドッグパークには国会議員・動物管理センターも現地視察に入った様だ。もう広島市だけの問題ではなくなる。でも現地のスタッフさんのご苦労はかなりなものでる。現地視察はその場で終る事だがスタッフさんの朝から晩までの働きはこれからも当分続くだろう。

各地から私のへぼブログに訪問して頂いた方々、お住まいの市・県にも処分所は有ります。そしてARK−ANGELSと同じ様にレスキューされているボランティア団体も存在すると思う。少しだけでも良い、今回の広島の件をきっかけにそんな団体に感心を抱いて頂けたらと思います。

ARK−ANGELSの日誌で知り、以前に私のブログ内でも紹介した『家族なのに』をもう1度ここで。大きな反響を得た作品なので既に御存知の方も多いだろうが御存知無い方は是非、ご覧になって下さい。

『家族なのに』



私は職場でのHP担当。接客業なので仕事中PCで仕事をする事が出来ない為、帰宅後の仕事になる。帰宅が22時頃なので結構辛いものがあるが…今度HPの仕事で又かなり時間が取られる事が始まった。当分ブログの方も更新が難しい。休日もつぶれてしまいそうなので当分ジィ達にも会えない為、今日ARK−ANGELSへお邪魔した。そして今回の事を通して今思っている事を長々と書いてみた。勿論、ARK−ANGELSへの協力は今まで通り続けて行くし、時間があいたらジィ達にも会いに行くつもりだ。それを楽しみに嫌な(?)帰宅後の仕事を頑張るつもり。。。たまに仕事の愚痴がUPされるかも知れないが。

コメントを頂いた方にお返事をなるべくさせて頂いていますが、帰宅後は寝るまで時間との戦いをしていますので失礼しているとは思います。今回は本当に私の思いつきに御協力頂いて有難うございました。かなりの件数が届いた様です。(返信は大した文章ではありませんでしたね)この場をかりて申し訳有りませんが…心から感謝しています。本当に有難うございました。



2006.09.06 Wednesday

ARK-ANGELS へ再び

朝6時半頃に目を覚まし悲しいかな、仕事だと思った。で2秒後位に今日は休みという事を思い出し気が抜けた。次に目を覚ましたのは何と9時頃。大急ぎで起きてブーマのご飯を作り大阪へ行く用意。今日もブーマはお留守番。休みの日なのに悪いなぁと思いながら我慢して貰う。ブーマの方も置いて行かれる事を鋭く察していたが…

今回は2度目なのであまり迷わずにARK-ANGELS到着。早速full of vigorさんから寄付をして頂いたマナーパンツの試着。ビーグルは思ったより体が小さい。ブーマで見慣れているので何となく大きい印象があったが。

ジィ初めてのマナーパンツ 

最初に着せたサイズは何となく大きく感じたので黄色い2着目を試着。ブーマにマナーパンツを履かせた事が無いので、ちゃんとサイズが合っているのかどうか分からなかった。後は使用していて不都合が有ったら、もうワンサイズ小さいのを履かせて貰う事にした。取りあえず黄色のマナーパンツで様子を見る事に。オムツを横に巻いただけの格好よりオシャレになった(笑)

スミレちゃん ムーちゃん

左はすみれちゃん。生後50日位。引越しの荷物と一緒にダンボールに入れられて捨てられていた子だ。写真では分かりにくいが実際はとても可愛い顔をしている。鳴き声に気が付いた人がいたからいい様なものの、一歩間違えるとゴミ収集車に積み込まれていた。この子をダンボールに入れてゴミ捨て場に置いた時、その人は何を感じただろう。感情が無いから出来る事かもしれない。すみれちゃんは栄養状態が悪いだけで特に悪い所は無いそうだ。

右はムーちゃん。吠えまくっていたが抱かれると安心したかの様に大人しくなる。初めて会う私に抱かれてもこんな状態だった。飼育放棄。1歳。散歩も連れて行ってもらった様子は無いとの事。遊びたい盛りなのに。確かに色素が薄い。それが原因でかまって貰えず狭いゲージに入れっぱなしだったのか。どんな状態で生まれ様がこの子の責任ではない。元気イッパイの可愛いムーちゃんだった。狭いゲージだけの世界から解放されて走り回っていた。何よりもすみれちゃんも、ムーちゃんも生きていた。

 

事務所での写真だが、みんなそれぞれ安心して時を過ごしていた。そんなワン達を見て思った。助けられた事を理解していると。勝手な私の感情かも知れないがそう思ってしまうワン達の目だった。

「がしばこ」と言う言葉を教えて貰った。聞いた時???だった。
悪質ブリーダーが犬達を処分する時に使う方法である。
暗い光の入らない箱に入れて水も餌も与えず殺す。
「がしばこ」=「餓死箱」の事だ。これも私達と同じ人間のする事だ。



2006.08.30 Wednesday

ARK−ANGELSへ

朝から雨が結構降っていた。そんな中やっと時間が取れたので以前から計画していたARK−ANGELSへ出発。情け無いほど大阪が分からない夫婦。電車ならともかく車となるとサッパリ。ナビなんて贅沢な物はついていないのでPCで前もって調べておく。今日はブーマはお留守番。中国自動車道を通って、いざ大阪へ。途中まではよかったが大阪市内に入ると渋滞。山越え神戸に住んでいる者にとっては渋滞なんてあまり経験が無い。この渋滞は計算に入ってなかった。でも、よく考えると多分あの状態は渋滞ではないだろう。車が多いだけだ。
PCで検索 渋滞〜

予想通り高速を降りてから少し迷う。それでも何とか到着。


お昼寝zzz
陽にあたる事もなく育ったチビ達

モンロちゃん
とても大人しかったモンロ。人にも少し慣れていた

元気&元気

ジィ
人間にしたら95歳のジィ。処分施設で死を待っていた

ユキちゃん
河川敷で暮らしていたユキちゃん。処分施設から・・・

ジャスミン
皮膚病にかかり捨てられたジャスミン

リカちゃん
カバンに入れられて捨てられていたリカちゃん


以前にもARK−ANGELSの事はこのブログに書いた。ただ可愛そうだからと終らせたくなかったので思い切って訪ねた。みんな、とても大人しくかしこい子ばかりだった。病気の子も回復に向かっていた。虐待されたのか人を怖がる子が私の指を舐めてくれた。死にかけで歩く事も出来なかった子が走り回っていた。みんな安心しきって寝そべったり遊んだりしていた。人間に捨てられたのに同じ人間の私に擦り寄ってきた。世話をしている人達の無償の愛情がここまで変えたのだと思う。処分所では安楽死だと言われている。嘘だ。酸素が徐々に無くなり最後まで苦しんで死んでいくそうだ。

みんな綺麗な目をしていた。人間に処分所に連れて行かれた事を許してくれているかの様な目だった。



2006.06.12 Monday

忘れないで…

以前『ARK−ANGELS』

の事をブログに書かせて貰いbigpapaさんにもご自分のブログで紹介して

頂きました。

ご覧になった方は人それぞれ感想が有るとは思いますが一時的な事では

無くて時々、覗いて見て下さい。

私のこのブログにリンクが貼って有りますので。愛犬家・愛猫家・そして

人間がしてきた事として忘れないで覗いて見て下さい。

そして、もしリンクを貼っても支障の無い方は『リンクを貼る』と言う協力

をして上げて下さい。宜しくお願い致します。
2006.05.30 Tuesday

休日

11時10分の予約で病院に向かったが患者さんが一杯。いつもの事なので
1時間位、時間をつぶす。一人でダイエーなどウロウロ。テナントも入っているので何となく覗いてみたりして。最近こういう気持ちの余裕がないな。
仕事、帰宅後も仕事、と唯一ブーマとの時間が(少ないが)私にとって私に戻れる時間。

『ARK-ANGELS』と言うボランティア団体がある事を教えて貰った。
警察や保健所等から処分施設に送られて来る動物達を保護し里親を探す団体である。
人間の醜さ、愚かさの後始末を一手に引き受けている。
リンクを貼った。動物に全く興味の無い人も1度、覗いて欲しい。
どれだけ人間が醜く身勝手な生き物か良く分かる。
そして興味が無くても何かを感じて欲しい。
動物を愛している人、出来る範囲で良いから協力して上げて欲しい。
同じ人間がやった事だから。







Powered by
30days Album