ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今更ですが… | main | 走ってきました >>
2011.09.09 Friday

近況

義母が私達の家から10分程の所にある高齢者専用賃貸住宅への引っ越しを終えました。
義父が亡くなってから15年程、一人暮らしでしたが1年前に自宅で倒れ入院。
一人暮らしは無理との事で退院後、自宅に戻らず主人の弟夫婦の家へ。

その時に私達夫婦は一応、反対しました。一緒に暮らす事、介護は大変だと言う理由で。
義母も施設に入る事に抵抗は有りませんでした。それでも引き取ると言い張りました。
私達も息子夫婦と共に暮らせる事はある意味、幸せなのかもと思い弟夫婦の元へ。

弟の嫁もがさつな私と違って人当たりの良い、のんびりとした感じの女性です。
当初、私達夫婦は〇〇〇さん(嫁)だったら安心やねって言っていました。

半年くらい経った頃でしょうか、義母が泣いて主人に訴えました。弟の家を出たいと。
日々の詳細を義母から聞く度に驚きました。大人しい義母です。
我慢していたんでしょうね。そこには私達が知っている〇〇〇さんはいませんでした。

弟夫婦と暮らす様になって、ある程度元気にはなりました。
介護といっても今のところ特に人の手を借りる必要はありません。
引きこもりがちでしたが明るくなった様に思っていました。
弟の嫁も一緒に暮らす様になって生活が一変し大変だったと思います。

ただね、お義母さんに例え狭い部屋で良い、息が抜ける場所を作って上げて欲しかった。
足が悪いのだから小さなベットで良い、用意してあげて欲しかった。
窓の無い陽射しを感じない暗い部屋で目覚めさせて欲しく無かった。

そんな状態を気にかけながらも中々、良い施設が見つかりませんでした。
8月半ば、仕事が休みだった私は何気にPCで施設を探していたところ
7月に改装され新規入居者を募集していた今回の施設を発見。 
それも、ウチから歩いて10分程の距離! ブーマとよく行く公園の前でした。

翌日、主人が休みだったので二人で見学に行きとっても気に入り、すぐに義母に連絡。
その翌日には義母が弟夫婦と見学に行きました。
話しは驚くほど早く進み、9月4日入居予定という事で夫婦で走り回りました。
ベッド、冷蔵庫、テレビ・・・。お義母さんが住みやすい様に色々考えて。
そして先日、無事に引越しが終わりました。


1年間、窓の無い部屋だったので太陽の光がたくさん入る様に大きな窓のある端部屋を選んで上げました。



これで寝起きにも足に負担がかからないと思います。ベッドに横になると窓には空しかみえません。気持ち良いと喜んでくれました。



携帯画像なのあまりキレイに撮れていませんが。
窓の他にも小さいですがベランダもありとにかく明るい部屋です。
私達夫婦の趣味で全部揃えてしまいましたが、とても喜んでくれました。ホッ。

一日置きくらいでお義母さんの所へ顔を出しています。
いつまでも元気にいてくれる保障はありません。
本当の介護が必要になる事も日もやってくるでしょう。
ウチには症状が進んでいる母もいます。
大変だなぁと思いながらも何とかなると思う様にしました。
お義母さんには新生活に慣れて貰い、誰に何の文句を言われる事なく日々を過ごして欲しいと思っています。




私お気に入りのブランケットをかけたソファ。
と言っても広げるとマットレスになり、何かあった時に泊まれる様にしました。
私が気に入っても仕方ないのですが(笑)

そんなこんなで、バタバタと肉体的にも精神的にも疲れていますが取りあえず元気です。
勿論、ブーマも元気です!



YOSIEさん お返事コメント欄に書かせて頂きました。



コメント
明るくて清潔そうで、とっても良いお部屋ですねぇ。
もきっとご満足されている事でしょう。

暫く更新が無くて心配して居りましたが、こんなご事情だったのですね。
私達の年代は親の介護を抜きには通れないのですが、御主人のお義母様はお一人で暮らされるなんてご立派だし、その為に色々奔走する嫁も偉い!
同居されているお母様、歩いて行ける距離の
お義母様、苦労はあるでしょうが避けては通れない道なので、うまくお付き合い下さい。

また元気でイケメンなブーマちゃんのお写真待っていますね。
  • YOSIE
  • 2011.09.15 Thursday 09:21
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album