ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 廊下で・・・ | main | 今更ですが… >>
2011.07.26 Tuesday

又、人間の意思で、人間の手により作り出された現場です。
今まで何度か使用してきた言葉ですが「自然発生」ではありません。
この記事を目にした時、どうして、どうして・・・の繰り返し。
猛暑が続く日々、箱の中で、閉ざされたシャッターの中で生き続けた犬達。
知って下さい、一人でも多くの人に。人間のしている事を。

香川第二

『新たな多頭飼い現場』  『箱の中で生きる犬達』  『痩せた犬達、、、』 
『一番悲惨な、、、』  『シャッターの中の犬達』  『箱のなかの犬』


数年前から、今回の様な記事をUPしていません。理由は・・・たくさんあります。
私自身の体調、経済的な事、母の介護等。他にも思うところが多々有り控えていました。
どこの団体にも所属しておりませんし、特定の団体への支援もしておりません。
が決して無関心になった訳では有りません。色々な記事を目にする度、心が痛みます。
私はどちらかと言うと現場主義でした。偉そうに聞こえますが
「自分の目で見る」「自分の耳で聞く」事しか文章で表現出来きない不器用者です。

ご存知の方も多いと思いますが、ピースハウスの出来事。ショックでした。
私もタオル等、数度支援物資を送らせて頂きました。真実は分かりません。
そんな中で今回の香川の多頭飼育SOSを知りました。

ボランティアさん達の努力でかなり改善されている様ですね。
そして又新たな現場。香川第二現場の記事を拝見しました。目を疑いました。

四国。神戸から行けない距離ではありません。今、現状が可能なら行っていると思います。
この目でしっかり見て、この耳で犬達の声を聞いているでしょう。
それが許されない今、記事にする事に抵抗がありましたが今回だけは黙っておれず・・・。
「ペット里親」さんのご了解を得て記事にさせて頂きました。


香川第二


ボランティアさんの努力で少しづつ改善されていっていますが、まだまだこれからが大変な状況だと思います。今はどうして、こうなったかと原因を追究するより 犬達の命を繋げる事が優先されます。現地までボランティアに行く事が可能な方がいらっしゃいましたら犬達の為に力を貸して上げて頂けませんか。きっと力仕事もあると思います。
若い方の力、夏休みに入る大学生の方達の目にも留まればと思います。


香川第二











YOSIEさん まささん トイプードルさん、お返事はコメント欄にさせて頂きました。



コメント
人間の罪は同じ過ちを繰り返す事です。
この現場も香川多頭の親類とか・・・

どんな神経ならこんな罪を犯せるのでしょう。
箱の中の子達の糞尿で固まった下半身。
苦しいだけの数年間を見せつけらる様です。
そして真っ暗なシャッターの中で子育てをする母親や、そこで傷付けられた小犬達。
 
今回里親会さんが関わってくれて、多くの方にブログを読んでいただき、現場ボランティアに参加される方が増えれば良いと願っておりました。自分が出来る事は足を運ぶ事ではありませんが、何をすべきかは理解しているつもりです

ピースハウスの件で、里親会さんも色々取りざたされていましたが、代表は心底動物を愛する方ですよ。
実は我が家のリリーちゃんはこちらの出身です
実際お逢いすれば、寝る間も惜しんで活動されているのが解ります。
ぼろぼろのミックス犬達だって継続してお世話に入っていますし、悲惨な現場があれば遠くても駆け付けておられます。
Jasmineさんが、まだ心に過去の苦い想いをお持ちなら、もう一度『愛護団体』を信じていただき、いえ、ペット里親会を信じて戴きたいと
思います。
こちらで記事にして戴いた事で少しでも多くの方の目にとまり、現地での作業がスムーズに行われるよう、願っています。

どうかどうか、一刻も早くこの地獄のような場所から救い出してあげられますように。
  • YOSIE
  • 2011.07.27 Wednesday 10:35
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album