ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 行ってきました・・・ | main | 心配事 >>
2011.04.28 Thursday

4月28日

人バリの日

私達を入れまいとする畜産課の人達の部下だろうか

薬が入った箱を守る様に10人位の職員がたたずんでいた。

まだ20代〜30代の若い人達だった。

空気が凍える様な寒い夜が明け朝を迎えた時間

その職員達に言葉が投げかけられた。

「 たくさんの命を奪う事をどう思っているのか! 」

「 君達の中から、それはおかしいと言う意見が一つも出なかったのか! 」

「 上司に意見しクビになるのが怖いのか! 」

若い職員達は言葉で責められていた。私もあの時は同じ思いだった。

若い職員達は何も、一言も言葉を発しなかった。ただ、じっと私達を見つめ目を逸らさなかった。

4年目を迎えた今日、何故かその時の光景が不思議と頭に浮かんだ。

本当はあの若い職員達の中にも辛い辛い想いがあったのではないか・・・。

「 僕は、私は、殺処分なんて反対です! 」と声を大にして上司に意見したい人も居たのではないか。

そして今でも、あの時浴びせられた言葉を、想いと反して迎えた4月28日を

心の奥深くに辛く持ち続けながら今日を迎えた人も居るのではないか・・・。

どうして私が今日、その様に感じたのかは分からない。

もう、やっと、あの子達が人間を許してくれたからなのだろうか。

4度目の春




YOSIEさん、まささん、コメントありがとうございました。お返事、コメント欄に書かせて頂きました。



コメント
更新されてからずっと考えておりました。
三本脚のハスキー。
盲目の老犬ラブ。
はっちゃんもララちゃんも、苦しみながら
死んでいきました。
Jasmineさんが言われるように、若かった
職員達の中にも辛い想いをしていた人間は
居たかも知れませんが、未来永劫許しては
いけない人間こそ、今も堂々と生きている
のです。
『絶対に許せない。』その想いは変わる事
はありません。
あの女の指示の元、手を汚した若い職員達
も、傷つき今も十字架を背負っているかも
知れません。
太田が殺したのは、犬達だけでなく多くの
人達の心でもあるのです。

そしてあの事件で尽力されたエンジェルズ、
誹謗中傷あったけれど、犬達を救いたい気
持ちに嘘は無かったと信じています。

  • YOSIE
  • 2011.05.06 Friday 08:58
お久しぶりです。

実は私も最近人バリの事を思い出していました。
 
あの時、会社の中で人バリの事を知り、「よっしゃ!」と言ったのを覚えています。

畜産課。。思い出します。
あの人たちの中にそういう優しさのある人がいた事を祈ります。

時の経つのは早いものですね。
あの時のかわいいワンコ達は人間を許してくれたんでしょうか。。
そうだといいですね。
ほんとにかわいい子達でした。
死ななくても良かった命でした。






  • チョコママ
  • 2011.05.05 Thursday 21:31
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album