ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小さな命 | main | 3つ >>
2008.06.14 Saturday

toki


時が過ぎていく。悲しいほどに早く。悲しいほどに遅く・・・
それでも懸命に過ごす日々。心に残る詩を友人に・・・。

※夏ママさんが思いを残してくれました。まだまだ辛い中 ありがとう・・・。(6月16日)


「虹の橋からの手紙」

幸せをありがとう。
愛してくれてありがとう。
いつも抱っこをありがとう。
守ってくれてありがとう。
悲しんでくれて、ありがとう。
悲しみを、乗り越えようとしてくれて もっとありがとう。
会えなくなってしまったけど、本当は、会えるから...。
あの日に出会えたことが、とっても幸せだったから...。
苦しくないよ。
悲しくないよ。
淋しくないよ。
だから、あの日みたいに笑ってね。
いっぱい愛してくれたから、
いっぱいの幸せを、今もいっぱい感じるよ。
いっぱいの幸せが、今も包んでくれてるよ。


「雨降り地区」と向かい合い現実を受け止めて少し顔を上げる事が出来る様になった友人。
何百、何千の慰めの言葉では前へは進めない。
唯一、進める事が出来るならそれは先に逝ったワンコとの会話。
毎日交わすワンコとの心の会話。
ほんの少しだけ悲しみから解かれた顔になった様に感じるけど
見せかけかもしれない。でも今は見せかけで良いと思う。
いつの日か本当の明るい笑顔が戻るだろうから。
コメント
Jasmineさん。
お忙しい中本当にありがとうございました。
昨日お会い出来てお話聞いて頂き
少し心に凪ぎが戻りました。
感謝しています。
この場をお借りしまして、
みなさまにお礼を述べさせて下さいね。
みなさま。この度は夏の為に祈りを捧げて下さり、
本当にありがとうございました。
先住わんたちはみんな年老いるまで伴に凄し
天寿を全うしましたので、
若くして突然旅立った現実がどうしても受け入れられず、
悔いのない日はありませんでした。
その日の朝まで、ぴょんぴょんと飛び跳ねていましたから。
夏はいつものように「さっちゃん」の替え歌を聞きながら、
腕の中でうとうとと
前日からの絶食に耐えて、手術を待っていました。
夏を差し出したこの両手を、何度憎く思ったでしょうか。
意識の戻らない夏が、最期に私へ贈ってくれたのは、
短いしっぽを数回振って悲痛な呼びかけに応えてくれた
哀しい贈りものでした。
明るくひまわりのように元気いっぱいだった夏の為にも、
少しずつ乗り越えたいと思います。
ボピーママさま。チョコママさま。ハナさま。YOSIEさま。
エディ母さま。。
たくさんのやさしいお言葉、夏へのお悔やみ。
本当にありがとうございました。
最後になりましたけれど、
Jasmineさんの存在は大きな支えでした。
Jasmineさん。本当にありがとうございました。
よろしければ元気だった頃の夏を、見てやってくださいね。
会いたい。たまらなく会いたい。いろんな事は頑張ったり我慢したりして妥協や克服できるのに、どうして会いたいという願いだけはどうする事もできないんだろう?ともどかしくなります。ご友人の方、本当にまだまだお辛いでしょうに、一歩を踏み出したのですね、深い哀しみを胸いっぱいに秘めながら。あまりに悲しい時は横で聞いてくれるJasmineさんがとても有難いと感じておられる事でしょう。日にち薬になる部分とどんなに時間が経ってもどうにもならない部分がありますが、傍でわかってくれる友がいてくれる、というのは慰めと安らぎを感じるはずです。これからもお友達のよき理解者であって下さいね。そしてそのためにもJasmineさん、お身体大切にね。
  • ボビーママ
  • 2008.06.15 Sunday 12:15
おはようございます。
友人の方はいかがですか?
愛犬を失ってしまった今は寂しいし、悲しいし。思い出がいっぱいあって、何をしてても思い出されます。
時たま「あれ?何でいないんやろう」・・ついつい名前を呼んでしまうこともしばしば。
いつも当たり前の様にいて、当たり前のようにドアを開けると走って来ていた子がいない。
「あれ」って思う日があると思います。
そんな時、物凄く悲しい・・
でも、ワンコちゃんはご友人のような飼い主さんにめぐり合えて本当に幸せだったと思うのです。
めぐり合えることが幸せなのです。
愛されて、大事にされて、もちろん家族の一員。
ワンコちゃんは必ず上で見守ってくれています。
たまにはそばにいるかも知れません。
そんなに愛されたワンコちゃんがお母さんの傍を離れるわけがありませんよ。
そしていつかこの先、必ず合えると思います。
私はそう思っています。
月並みな言葉しか言えませんが、どうぞワンちゃんの為に元気になって下さいとお伝えください。
悲しみにくれるお母さんを見て、ワンちゃんは悲しむと思います。
心からご心境お察し申し上げます。
Jasmineさん、どうぞご友人さんを支えてあげてくださいね。



  • チョコママ
  • 2008.06.15 Sunday 09:18
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album