ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< どうぶつ あいご | main | ボビーママさんへ >>
2007.09.21 Friday

想い


さりさんこんばんは。ご無沙汰しています。広島の件から色々とあったので長い年月が過ぎた様にも思いますが、ついこの間の事なんですよね。広島の時はさりさんとも色々とお話しさせて頂いた事を思い出します。いつまで立っても攻撃は収まりませんね。悲しい事です。広島、和泉、そして神戸。大きなレスキューが続きましたが何を言ってもたくさんのワン達が助かりました。和泉のワン達の事を思うと胸が苦しくなりますが・・・。どんなにAAが攻撃されてもAAに対する気持ちは未だに変わらずの私ですが自分でもどうしてかな、と思う時があります。どうしてなんでしょうね。答えはまだ出ない気がしますが一つ言える事は犬が好きだから、でしょうか。答えになっていないかな。さりさん、いつも有難うございます。遠方にお住まいのさりさんがいつも身近に感じて、頂いたコメントに感謝し、とても嬉しく思っています。本当にありがとう…

ハナさんこちらこそ、ご無沙汰しております。いつも気にかけて頂いているのに、お返事も出来ずでごめんなさい。デール・ライブの事は本当に悔しかったです。途中からハナさんがデールの事をご存知だと知り事務所に行ってはハナさんにお見せしようとデールの写真を撮っていた事が昨日の様に思います。お蔭でデールの写真がイッパイ・・・。確か、ハナさんにお見せする積りでいたヘソ天のデールの写真、UP出来ずにそれが最後の1枚となってしまいました。ハナさんの言葉 『広島DPの管理者を問えない「愛護法」は人間のための「愛護法」だったことが分かりました』 胸を刺しました。そうですね、本当にその通りです。私はハナさんの様に根気の要る調べ事が苦手です。いつも頭の下がる思いでハナさんの作業を見せて頂いています。有難うございます。私はどちらかと言うと現場の空気派(?)でしょうか。頭は要りませんからね。身体で感じた事でしか表現が出来ない不器用な人間です。今回、ウチのワンの事や自分の体調が優れないのもあり少々、空気に疲れてしまっているのかも知れません。デール・ライブの旅立ちへの誹謗中傷、空気を知ってしまっているから反論する気にもなれずで。ただ思った以上に堪えました。生きようと懸命だった時のライブの足の温かさ、忘れません。それを見守っていた代表、統括の姿勢も忘れません。

knd_pev77さんこんばんは。こちらまで覗いて頂き有難うございます。knd_pev77さんのご活躍、拝見しております。いつも本当にご苦労様です。私の我がままで、お力に及ばずで本当に申し訳ございません。私もknd_pev77さんの様なパワーがもう少しあればと、いつも思っております。難しい、本当に難しい世界ですね。最近PCに向かう時間が少なくなっていますが、これからもknd_pev77さんの所にお邪魔してパワーを見せて頂きます。読み逃げで申し訳有りません。私も改めて「どうぶつあいご」の真の意味を考えて行きたいと思っています。どうか、ご無理をされずに頑張って下さいね。

Uさん始めまして。コメントを頂き有難うございます。どうも、お返事にサボリ癖がついている様で。デールと長い時間過ごされた様でですね。心痛まれる事と思います。「あなたにデールを汚されたくないです」とご意見を頂きました。きっとAAがお嫌いな方なのでしょうね。人それぞれですから私のブログに反感を持たれても仕方有りません。でもね、デールが事務所に来てからの短い付き合いですが可愛かったですよ。ひょうきんな部分も有って、まん丸な目が可愛かったです。フワフワの毛も気持ちよかった。ただ、それだけなんですよ。Uさんがお知りになっているデールの一部分しか私は知らずに終ったのでしょうが忘れません。ひょうきんで可愛いデールを。

ばぁじゅうさんこんばんは。いつも有難うございます。本当に今回の結果、不起訴は納得いきませんでした。ボランティアさん達が必死で命を守り死から生へと、生きる場所を探し当てたワン達。その死とは今回、不起訴になった人間が与えた世界でしょうに。和泉の件では、ばぁじゅうさんにもお世話になりましたが、どうして日本は動物達の命をこうも軽視するのか。勿論、家族の一員であるワンやネコを処分所に平気で持って行く馬鹿な飼い主が居る事も許される事では有りませんが「動物愛護法」と言うものを作った日本の、こんな結論の出し方にも怒りを覚えます。いつの日か正当な決断をしてくれる日本になってくれるのでしょうか。動物愛護後進国、日本。
まだまだ時間がかかりそうな気がします。

YOSIEさんその節はご心配頂き本当に有難うございました。とても嬉しく感謝しております。私の体調も何とか一時に比べると少しマシになってきている様です。今回の「お咎め無し」に私もYOSIEさんと同じ思いを持った事は確かです。これが広島以外の土地で起こった事なら違う結果が出ていたのでは無いかと今でも思っています。もの言えぬ犬達を良い事に人間が出した結果です。どんなに悲惨な状態だったか現地に行っていない私には本当の意味での地獄は知りませんが、毎日頑張っておられたボランティアさん達が一番良く分かっているはずです。YOSIE さんのおっしゃる通り、正義って何なのでしょうね。普通の心有る人間なら分かるはずだと思っていましたが。犬達をあの地獄に追いやった関係者達、例え今回お咎め無しでも必ず何かが身に降りかかって来ると思っています。

みゃんさんコメントを頂き有難うございます。動物愛護法に違反しなかった広島ドックパークの関係者達。そしてあの現状、虐待を法の下において許してしまう人間達。みゃんさんのおっしゃる様にあの現状が違反していないとしたら何をどうすれば動物愛護法に違反するのでしょうかね。悪い前例を広島は作ってしまったと思います。小規模な悪質繁殖業者には良い反論のネタが出来た様な気がします。結局、ハナさんが言われている様に人間の為の愛護法なのでしょう。いかにしたら愛護法に違反していない事になるのか誰かが教えたのでしょうか、と疑いたくなります。そこには犬達の命の存在は有りませんね。悲しい国です。無念な気持ち ( ワン達が一番、無念でしょうが ) 忘れてはいけませんね。

チョコママさんご無沙汰しています。何とか元気でやっていますよ。私は裁判所や法律なんて詳しくは有りません。でもねチョコママさんの言われるとおり単純な事だと思います。動物を大切に…原点はそれだけですよね。子供の頃、友達を苛めてはいけないと親から誰でも教えられるでしょう。もし苛めたら怒られたでしょう。今回は苛めでは無いですよね。虐待。死をもたらすイジメ。そのイジメをどうして怒らないのか。罰を与えないのか。単純な話しなのに。あれだけの状況に犬達を追い込んだ人間に 「 許す 」 という判断を平気で下す人間の心が分かりません。
そうか、そこには人間の心が無かった、そうですよねチョコママさん。


コメント
昨日、初めて参加させていただいた地元のボランティアの方達のイベントで、驚きの言葉を耳にしました。団体のHPでは、センターからの引き出しが当たり前のように伝えられてましたが、地元のセンターは一度入ってしまったら、渡してはもらえないそうです。センターでしつけ直して譲渡される子もいるのですが、少し前でも2頭だけですよ。そんなに凶暴な子ばかりじゃないでしょう。すぐにでも家族に迎えられる子も多いはずなのに…。地域によって格差がありすぎるのも問題です。改正したって、省の人間がきちんと見て回らないと統一なんてされません。
日本の法律なんて中途半端で、決まりがあるようでいて、無いのも同然だと思います。これで成り立ってるんですから、恐ろしい国ですねぇ。
ボビーママさん、お辛いでしょうね。14年ですか…。ママさんのいっぱいの愛情で元気に、そして長く一緒にいられたんだと思いますよ。最期は病気で辛いこともあったかも知れませんが、
ボビーは幸せだったことでしょう。ご冥福をお祈りします。
  • さり
  • 2007.09.24 Monday 23:26
Jasmineさん、ご無沙汰しています。先日、最愛のゴールデンのボビーが亡くなりました。一応、病名はありますが、14才2ヶ月なので、天寿を全うしたと思います。それでも寂しいし、哀しいです。他の子達もお兄ちゃんがいなくなってから落ち込んで、一番の弟分はストレス性胃潰瘍になりました。人間よりもっと、口に表せないだけ、思いや絆は大きいと、学びました。どの子達にも、生まれてきてよかった!と感じさせてやりたい。短い命、いくら大切にしてやっても20年も生きられない小さな命。短い命の間に、人間に、多くの大切な事を、どの子も伝えてくれます。言葉は、人を傷つける武器になったりもします。イヌはどんな時もだまってただ見つめています。心を汲み取るにはこちらも真っ白い心で接しなければ!と感じます。微力ですが、細くても、切れない糸として、出会ったり見聞きした動物達に関わりたいと願う日々です。
  • ボビーママ
  • 2007.09.23 Sunday 06:51
体調のすぐれない所、ご返事ありがとうございます。
何卒、無理されないよう、、。

統括の日誌でライブを見て、あの似顔絵がライブを愛した人々の総意ですね。
そして、デールの滋賀に行った時の様子が在りし日を偲びます。

色々ありますが、分かる人は分かります。

ジャスミンさんの優しい気持ちが、多くの人間の犠牲になった動物達に届き、生き物に優しい世の中になるよう、、
私達は自分に出来ることをコツコツとして行きたいと思います。
いつもありがとうございます。この一語に尽きます。
  • ハナ
  • 2007.09.21 Friday 21:43
動物を殺処分する『愛護』センター、

動物を守れない、動物『愛護』法、

全てが、傲慢で冷酷なこの国を司る人間達が作ったもの。
その下に位置する行政、其処もまた傲慢冷酷。
今に絶対、人間に帰って来る筈、
多くの動物に与え続けている、苦しみが。
  • YOSIE
  • 2007.09.21 Friday 11:25
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album