ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【48】  命 | main | 小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【50】  命 >>
2007.08.22 Wednesday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【49】  命


悲しすぎる目を見た日 

首輪交換の作業、荷物の搬入等がほぼ落ち着いた頃にはもう、辺りは闇に包まれていた。
照明が不十分な為、暗い中では作業に無理がある。ワン達も何とか無事、全頭バリケンの中に
1頭づつ入れる事ができた。







この日撮れた唯一3枚の写真。作業がほぼ終り現場を後にする直前に撮る。
この夜、ワン達は始めて1頭づつの部屋に入りユックリと休む事が出来ただろうか。
治療はまだ始まる前の段階なので痒みでみんな常に身体をかきむしっていた。
バリケンがあちこちで揺れていた。痒みの苦痛からは開放される前だったので熟睡出来ることは
無いだろうが、少しでも自分だけの空間で身体を休めて欲しいと願いながらプレハブを後にした。

気が張っていたのだろう、疲れは全く感じなかった。時間がもう少しあればバリケンに入ったワン達1匹づつに声をかけて上げたかった。もう大丈夫だからね・・・と。
もう少しの我慢だから、あなた達は助かったんだよと。

始めて現場に入り過酷なワン達の生き様を目にした。現場に入った初期の段階では可哀想という
感情が知らない間に心の奥にしまわれて、状況を改善する為だけに必死になる事を体験する。
こう言うレスキューをAAは何度も繰り返してきた。もっと悲惨な現場もあっただろう。
根底にはワン達の愛情が根付いてから出来る事だが、感傷だけではレスキュー出来ない事を
身をもって思い知らされる。

いや、可哀想と言う感情では無い。まさに「命を繋げる」という断固たる信念あっての戦いの様な気がする。足を引っ張りながらでも「命を繋げる」手伝う事が出来たこの日、過酷な戦いを受けて立つAAを
批判する人間の身勝手さに今更ながらに怒りを覚えた。


コメント
ジャスミンさん
お疲れ様です、大変な現場ですね。暑さとお世話で相当な労働です。現場の皆様にはほんとに頭が下がります。どうか体調にくれぐれも気をつけてください。
統括と代表のブログで日々の様子を拝見しています。代表も書いていたように、悪意な人々は無視です。いつか自分がしたことが跳ね返ってくるでしょう、、
疥癬の仔達の里親募集がされていますね、当初の写真と見違えるほど良くなっています。
可哀想に人気犬種ばかり…
過酷な日々を過ごし、あのような疲弊しきって生きていたなんて…
AAさんがレスキューしなかったら全頭死んでいたでしょう、、
全国の悪徳ブリーダーは司法に裁かれるべきです。

広島DPもひどいブリーダーでした。飼い主をだまし人気犬種を繁殖し、崩壊後は失明してガリガリでした、もと飼い主がその子を見つけて名を呼びながら泣き崩れたことが昨日のように思い出されます。
ジャスミンさんいつも活動の様子を知らせてくれて、ありがとうござます。
ブーマちゃんのお顔も見せてください、、。

  • ハナ
  • 2007.08.22 Wednesday 21:57
こんばんわ!また立ち寄らせて頂きました。
本当に良い事を書かれています。
時々マイブログで貴方様のブログをご紹介したい時があります。
URLは貼れないのでしょうか?
お伺い致します。
私もAAさんを見下す人が嫌いです。
今後も戦いましょうね。
  • 浅井有利子
  • 2007.08.22 Wednesday 20:29
Jasmineさんお疲れ様です。ボランティアされている皆様、本当にお疲れ様です。
毎日AAさんの日誌でワンコ達の状況を確認しています。
また、色々言われたりする事もあるようですが、たくさんの人がワンコ達の事を気にかけ、
皆さんの行動に感謝していますよ。
応援している人のほうが断然多いはずです。
それに、誰を信じるべきか、ワンコ達が一番よく知ってます。
全頭に里親さんが見つかるまで見ています。
  • ばあじゅうです
  • 2007.08.22 Wednesday 12:40
やはり。。。「名無し」では卑怯な部類に入りますね。ごめんなさい。
↑のコメントは、夏ママでした。
Jasmineさん、お疲れ様です。
「百聞は一見に如かず」との言葉通り、改めて反AAの無責任な言葉の数々に呆れています。
よくもまぁこんな嘘を、さも事実であるかのように書けるものだと、開いた口も塞がりません。
現在の神戸レスキューに関しても、憶測だらけの某サイトの書き込みに、怒りより嘲笑さえおこります。
余程暇なのか、兵庫県や神戸市に電話をかけ続け、かろうじて得た情報に尾ひれをつけたものが殆どです。
ソコに真実は皆無です。
無視すればいいのでしょうが、何としても現段階での妨害は阻止しなければ、との想いから
誤報の元を探りました。
もちろん顔の見えない相手なので、知ったからといって何をどうする事も出来ないのですが、
各地で起こる「悲惨な現状」を自分の言葉で発信する為には、様々な情報を選別する作業も必要かと思いました。
広島DPの時は現場を知らず、ネット上で飛び交う誹謗中傷に対して、正直気持ちが揺らいだ事もありました。
けれど、今改めて「真実は一つ」を痛感しています。
その真実に付随する個々の感情はこの際、心の奥で鍵をかけるべきだと思っています。
大切な事は「命を繋ぐ」それに尽きますね。
私たちの力などタカダカシレテイマスけれど、
立ち止まるよりたとえ1歩でも前へ進みたいと思います。
今回、Jasmineさんのご報告記事に於いては、戸惑いもありましたけれど、「真実」を的確に公平に伝える為の、いわばご自分に向けての試練であるかのように感じています。
どうぞ。。くれぐれもご自愛頂き無理だけはされませんように、お願いしますね。ブーマちゃんの為にも。。
  • 2007.08.22 Wednesday 09:31
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album