ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【45】  命 | main | 小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【47】  命 >>
2007.08.15 Wednesday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【46】  命


悲しすぎる目を見た日 

8月1日水曜日仕事休み。
午前中、ふと思い立ってアーク・エンジェルズに電話を入れる。AAの日誌で新たなレスキューが始まっているのを知り気になっていた。和泉の件以来ブーマが病気になってしまい全くAAに行く事もなくなってしまっていた。病気の事は、どの時点でだったか忘れてしまったが代表に電話をし当分、何のお手伝いも出来ないと伝えてはいたが。代表にも心配して頂いた。
無事に退院してから今度は私の体調が悪くなり、ますますAAに行く事も(遊びにだけど)電話をする事も無くなっていた。

新たなレスキューがきっかけで電話。特に用事も無いのに何を話したら良いのかな、と思いつつ誰かが電話に出るのを待っていた。で、いきなり聞こえてきたのは代表の声。事務所に電話を入れて代表が出られる事があまり無いので驚いた。ご無沙汰している事、ブーマが元気になってきている事などを簡単に話し、又、大変なレスキューに入られたんですねと、能天気に聞いてしまう。

日誌で広島ドックパークレスキューの経験上、場所・頭数などは暫くの間、非公開と書かれていたので何故か遠距離を想像していた。軽く何処なんですか?と代表に伺い、まだ非公開なんだけど、と言われ教えて貰う。「○○さんの所だよ・・・」と代表。「えっ?私の所?」何度も繰り返し聞いた様に思う。

突然の話しに動転してしまう。何に動転したのかよく分からないが。行かなきゃ、手伝わないと・・・と思ったが急な状況確認そして、やはり体調の事が気になった。どうしても用事があり、すぐに動けない状態だったので代表には行ける様だったら行きますと答え一応、住所を聞いた。

用事を済ます為、家を出た所で統括から電話が入る。今、神戸に向かっているとの事だった。
その電話で「行きます!」と気持ちが固まって答えていた。用事を済ませてからだったので2時間後位だったか統括に電話を入れ、今から行っても役に立つのか伺ったところ「大丈夫、今からよ!」と言われたので急いで現場へ向かう。神戸と言っても、ここからだと1時間はかかる。
焦る気持ちで少し迷ってしまったが無事到着。

「とにかく見てみる?」と統括に言われワン達が居る場所へ。
ワン達の様子はAAの日誌で見ていたが、実際、現場に立つと言葉が無かった。
「可哀想」なんて言葉が通じる様な状態では無かった。
広島では当然、現地に行け無かったのでAAを信じて応援するしかなく、和泉の件でも私も
数のウチだろうとウロウロしていただけだった。
実際、AAがレスキューをしようとしている現場にこの足で立ったのは初めてだった。

ワン達の顔がみんな同じに見えた。犬種の違う事は何となく分かったが、みんな同じ目だった。
犬の半端じゃない悲しい目を見たのは初めてだった。何も言葉が出なかった。

それからが私にとって本当に戦いだった。レインコート上下を身に着けたとたん、汗が吹き出た。
私は汗っかきでは無いが本当に瞬間的に汗がTシャツを湿らせた。

暫くすると早朝から大阪を出発し滋賀から約11時間かけて荷物を積んだスタッフの方の車が到着。
本当に大変だったと思う。休む間も無く、たくさんのバリケンを積んで来てくれたのでそれを降ろし、
組み立てる。そしてナンバーを貼って、バリケンの中を綺麗に拭いていく。
それをプレハブの中に積み上げていく。ワン達には既にナンバーが書かれた首輪をしていたが消えかけているので新たにナンバーを書いた首輪の付け替え。
付け替えた首輪のナンバーと同じナンバーが貼ってあるバリケンにワン達を入れていく・・・


コメント
★★ハナさん有難うございます。仕事の為、殆どお手伝い出来ない状態です。ただ、この日8月1日に現場に入る事が出来た事を重く受け止める積りで更新しました。一日の出来事を分けての更新になりますがワン達の事、AAの事を少しでも伝えられたらと思っています。(ブーマ、元気過ぎです・笑)
  • Jasmine
  • 2007.08.17 Friday 22:52
猛暑の中、AAさん、スタッフさん、現場に関わるボランティアの皆さん、お疲れ様です。
ジャスミンさん、体調不良のところ、ブログアップありがとうございます。
まだ、ブーマちゃんの体調も気になるところにレスキューのお手伝いに行かれているのですね、、
どうか、ご無理されないように、、
些少ですが、今日綿の洋服送らせて頂きました。過酷な環境で、かゆみと戦いながら生きてきた、小さな命に「頑張れ」というしか、言葉が見つかりませんが、日々改善され現場のワンちゃんの目に光輝く「力」が戻るように祈ってます。
  • ハナ
  • 2007.08.17 Friday 20:56
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album