ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【44】  命 | main | 小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【46】  命 >>
2007.08.08 Wednesday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【45】  命



みんな元気に・・・


大人しい子です。前足が悪いのでタオルを敷いて楽になったかな。



スヤスヤ。。お薬・薬浴のお蔭で眠れる様になったねzzz



辛かったね。もう大丈夫。頑張ろうね。優しい目の子でした。



カメラを向けると ”えっ何?” 表情がでてきたね。



たくさんのバスタオルが届いていました。
広島の時の様に届けられた荷物にはかなり遠方からの住所も・・・

最初に会った頃より顔にそれぞれの個性が出てきている様に思いました。
まだまだ時間が必要な子達ばかりです。
でも、AAスタッフ・毎日参加されているボランティアさんのお蔭で
確実に「生」へ向かって歩き始めている子達です。

こんな子達が送って頂いたバスタオルを使っています。

和泉の子達の事が今更ながらに無念です。

早く滋賀シェルターが使えたら。。。と思います。当分、過酷な状況が続きそうです。



コメント
ジャスミンさん、体調すぐれぬところブログアップして頂きありがとうございます、
ブーマちゃんも体調は如何ですか?
ご無理されないように…
今回のレスキューが神戸付近?兵庫県なのでジャスミンさんも行かれているのですね、、
暑いので、くれぐれもご自愛ください。
連日の作業、現地の方に言葉もないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。
先の広島DPの件で、代表も慎重になられて、色々制約されているので、体調を崩されてしまいましたね。

こちらも心配です。

統括も大丈夫ですか?
毎日AAさんの日誌で様子を見ています。
早く、かゆみから開放されてほしいですね。
可哀想な繁殖場の犬たち、酷使され挙句の果にあのような姿になっても、まだ子どもを生まされ続け、授乳している写真の痛々しさは目を覆いたくなりますけど、多くの人々にこの現実を知ってもらい、行政の指導強化につなげて頂きたいと思います。

本日、休みが取れたので、ようやくタオルを送りました。また、引き続き声をかけて集めますね。
現場の皆様、くれぐれも体調に気をつけてくださいますよう、「よろしくお伝えください」


  • ハナ
  • 2007.08.11 Saturday 20:22
★★さりさん、本当に滋賀シェルターが使う事が出来たらと思います。ただ、さりさんが言われる様に出来るだけ摩擦を避けたい状況でしょうね。私も思っていました。若い人達の声が上がらないのかと。動物を助ける事に共感してくれる若い人が居ても良さそうなんですけどね。動物愛護、ただそれだけなのに難しい世界です。寂しい事ですね。
  • Jasmine
  • 2007.08.11 Saturday 00:06
★★浅井さま、ご無沙汰しております。日々のご活躍を拝見しております。今回はAAが最初から入る事が出来て助かる命がたくさんです。ご協力のお申し出、有難うございます。タオル等物資が不足してきている様なので、浅井さまのブログで呼びかけをして頂くとボランティアさん達も助かると思います。お忙しい日々を送られていると思いますが宜しくお願い致します。
  • Jasmine
  • 2007.08.10 Friday 23:58
ばぁじゅうさん、いつもありがとうございます。本当に理解に苦しむ、いや出来ない事が多いですね。命なのにね。人間の何が欠けたらワン達をこんな目に遭わせる事が平気で出来るのでしょうね・・・
  • Jasmine
  • 2007.08.10 Friday 23:48
滋賀シェルターですが、私達でも何かできることがあればいいんですけどね。ヘタに動くと逆効果もありそうなので難しいのですが…。というか、住民の一人くらいはブログチェックしてると思うんですけどねぇ。しがらみを気にしない若い方の声も聞きたいですね。
  • さり
  • 2007.08.09 Thursday 22:39
お元気ですか?
大変なんですね!
お手伝い出来なくてすみません!
何かブログ内でご協力出来る事があればご連絡下さい。転記はしておられない見たいですので。
  • 浅井有利子
  • 2007.08.09 Thursday 12:57
何度見ても『なぜこんな姿になるまで・・・』と悲しくなります。
でも、皆さんのおかげで目に光が出てきたように見えます。AAさんをはじめ、たくさんの方々に感謝です。
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album