ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2008.05.14 Wednesday

温かい命


昨年8月猛暑の中での世界。そして今、爽やかな5月を迎えあの子達はまるで生まれ変わったかの様に本来の姿を取り戻した。
体毛が1本も無い身体を抱いた時、これからのあの子達の時間がどんな風に過ぎていくのか
想像がつかなかった。ただ 「 生きているんだ 」 としか感じなかった様に思う。

とても単純な言葉だけど理屈抜きに 「 生きている 」 と。そこには他の言葉は不要だった。
怯えた目、悲しい目、だけど温かな身体。生きている事を無言のままに訴えていた。

たくさんの人達の愛情を受けてあの地獄から助け出され
優しい里親さんの腕の中に抱かれていくあの子達の姿を
アーク・エンジェルズの日誌で目にする度、「 生きている 」という言葉が輝きを増す。

あの時の怯えた目、悲しい目はもうそこには無い。変わり無いのは身体の温かさだろう。
同じ命の元にあの温かさはしっかりと繋がっている。

命の温かさを奪おうとしたのも人間。そして繋げたのも人間。あの子達に限らない。
保健所に簡単に命を置き去りにする人間、その命も温かいんだよ。
悪環境の中、”物”として繁殖させる業者、その命も温かいんだよ。

私達人間によってどうにでもなる命の温もり。その温もりはとてもシンプルなものなのに。

殺処分(嫌な言葉・・・)ゼロ。確かに今すぐには難しい事。
ただ、目の前にある命の温かさを守る事も出来る。それが、たった1匹かもしれない。
それでも一つの温もり。ゼロでは無い。
温もりを消さずに手を差し伸べる事が出来るのも私達人間である事には間違い無い。
たった一つの温もりでも。

山梨県の山奥でも121つの命の温かさがある。
私達人間の身勝手によって置き去りにされた命。

老犬が多いため神戸の子達の様に優しい里親さんに迎えられる事は難しい。
山梨のその場で一生を終える子達も少なくは無いだろう。

ならばせめて、その温もりを私達人間の手で全うさせて上げる事が出来ないのだろうか。
遠い地のその場に今、私達の傍でくつろぐ私達の家族がいるのだと考える事で
思いを山梨に馳せる事が出来る様な気がする。

お腹が空いていないだろうか、寒くは無いだろうか・・・。

この日本に数え切れない命の温もりが助けを求めている。100%は無理だけど
私達が少しでも知り、係わった命の温かさを守る事が出来る、そう信じたい。


2007.08.24 Friday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【50】  命


悲しすぎる目を見た日 

8月に入ってからの休みが1日と8日の水曜日だった。
仕事柄お盆の期間中は休みが取れなくなり、やっと22日水曜日が休日となる。
今回、地元と言う事もありもっと手伝いたかったのだが、休日の関係で1日と8日の2回となってしまった。8日の休日は当然、神戸へ手伝いに行くつもりで電話確認をしたところ統括より大阪事務所へ、と伺ったので事務所での作業となる。
猛暑の中の作業では無かったが又、違ったワン達の「命を繋ぐ」作業を経験出来た。
午前中から夕方までの約5時間お昼ご飯も食べずに、ボランティアに入られていた方とスタッフYさん、そして統括との作業だった。シャンプー・薬浴中心。

私がワン達のフェルトの首輪にナンバーを書く作業をしていたら、机の下でゴソゴソ・・・。
「ん〜?」と覗くとヘマちゃん。私の足元でくつろいでいた。目が可愛い。
AAの日誌でも分かる様にたれ目のヘマちゃん、少し上目づかいで私をジッと見ていた。
何度か出入りしていた様だが気がつくと机の下。又、覗き込んで「机の下、好きやねぇ〜」と
声をかけたらたれ目の上目づかいで頷いていた (・・・様に見えた)

薬浴が終り完全に乾いたら統括が耳掃除。私には神業に見えた。段取りも良く作業も早い。
休み無く働く統括。後日、休みが取れないのでお手伝いに行けないと電話した時、身体だけは気を付けて下さいとヒツコク伝える。代表が倒れた後だったこともあるので連日の作業、心配だった。
「大丈夫!よく食べて寝るようにしてるから」と返事をしていた統括だが ”気” だけで持っていたと思う。

当初この神戸での出来事を書くつもりは無かった。
だから1日・8日と手伝いの真似事をした日の更新は他人事の様に書いている。
広島・和泉と時間が流れた。ここは私のブログ。残しておこうと思った。
始めて現場に立ち、悲しすぎる目を見た日の事を書き留めておこうと思った。忘れない為に。

そして・・・和泉のワン達が殺されて間も無くブーマの病気。
その間、AAから完全に離れ和泉のワン達の事からも離れてしまった。ブーマの命が繋がり、
私自身落ち着いた頃にまるで「目を背けないで」と言わんばかりに始まったAAのレスキュー。
それも神戸で。あの日8月1日、何となくAAに電話をした事で係わったワン達。

PC上では無く惨い現場に立つ事が、それこそ偶然では無く必然だった様に思えた。
画像では無く惨い姿のワン達の暖かい命を目の前に突きつけられた。
「命を繋ぐ」という事がどんなに大変な事なのかを言い聞かされた様な気がする。



★ ★ ★


BOOMA


お蔭様でブーマ、こんなに元気になりました。体重も戻りました。それも少し多めに・・・
退院当時、何となくボ〜っとして目の焦点が合って無い様な感じも無くなりました。

とても寒い日、人間バリケードに行き姿見えぬたくさんの命を背中に感じました。
とても暑い日、悲しい目をした毛の無い子達の命を腕に感じました。
そして、今までとは違うブーマの命を毎日感じています。。。




2007.08.22 Wednesday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【49】  命


悲しすぎる目を見た日 

首輪交換の作業、荷物の搬入等がほぼ落ち着いた頃にはもう、辺りは闇に包まれていた。
照明が不十分な為、暗い中では作業に無理がある。ワン達も何とか無事、全頭バリケンの中に
1頭づつ入れる事ができた。







この日撮れた唯一3枚の写真。作業がほぼ終り現場を後にする直前に撮る。
この夜、ワン達は始めて1頭づつの部屋に入りユックリと休む事が出来ただろうか。
治療はまだ始まる前の段階なので痒みでみんな常に身体をかきむしっていた。
バリケンがあちこちで揺れていた。痒みの苦痛からは開放される前だったので熟睡出来ることは
無いだろうが、少しでも自分だけの空間で身体を休めて欲しいと願いながらプレハブを後にした。

気が張っていたのだろう、疲れは全く感じなかった。時間がもう少しあればバリケンに入ったワン達1匹づつに声をかけて上げたかった。もう大丈夫だからね・・・と。
もう少しの我慢だから、あなた達は助かったんだよと。

始めて現場に入り過酷なワン達の生き様を目にした。現場に入った初期の段階では可哀想という
感情が知らない間に心の奥にしまわれて、状況を改善する為だけに必死になる事を体験する。
こう言うレスキューをAAは何度も繰り返してきた。もっと悲惨な現場もあっただろう。
根底にはワン達の愛情が根付いてから出来る事だが、感傷だけではレスキュー出来ない事を
身をもって思い知らされる。

いや、可哀想と言う感情では無い。まさに「命を繋げる」という断固たる信念あっての戦いの様な気がする。足を引っ張りながらでも「命を繋げる」手伝う事が出来たこの日、過酷な戦いを受けて立つAAを
批判する人間の身勝手さに今更ながらに怒りを覚えた。


2007.08.19 Sunday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【48】  命


悲しすぎる目を見た日 

滋賀から搬送されてきた荷物をプレハブに入れて行く。
ワン達の大切な缶詰の餌も積み上げられていく。缶詰が数個セットになっている物を2つ一緒に持とうとしてスタッフさんに無理しないで、と言われ「大丈夫!」と偉そうに答えたものの情けない事に持ち上がらなかった。1ケースづつ大人しく運ぶ。

人海戦術で運び込んで行く事に。最終、受け取って積み上げていくのは統括。頼もしいの一言だった。

たくさんの荷物の中で目に焼きついた物がある。体重計・・・。大切に運び込んだ。

これだ、これがあの和泉の現場では使われなかった。その為に信じられないワン達への
過剰投薬につながった。とても簡単な初歩的な事だった。体重に合わせての投薬。
その初歩的な事が行なわれなかった為に死んでいったワン達。

ここ、神戸の現場では最初の搬送荷物でシッカリと体重計が運び込まれた。
当たり前の事だけど「助けよう」と言う意識の表れだと痛感する。

命を繋げる為にAAは神戸現場に入ったのだ。

当たり前の事が当初出来ていなかった和泉の現場。どうしても重なってしまう。


2007.08.17 Friday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【47】  命


悲しすぎる目を見た日 

この日のうちに全頭バリケンに入れて上げなくてはいけなかった。
1匹づつ、ユックリと横になれる様に・・・。
とにかく足場が悪かった。作業がしやすい様に、プレハブにスムーズに入る事が出来る様にと
柵を動かす事にも時間がかかる。レインコートを着込んで作業に入ると、もう感傷に浸っている場合では無かった。とにかく動く。取りあえずワン達の環境を最低限のところまで持って行く為に動く。

足手まといにならない様に、作業の優先順位を統括・スタッフYさんに聞きながら動く。
一つの作業が終ったら次は何を?と又、聞く。的確な指示をその度に与えて貰う。

作業をする横、少しスペースのある所で大きなワンが目に入る。
今またたびさんで、ゆったりと流れる時間に身を任せているボルゾイのけぃちゃんだ。
少しビックリした。小型犬ばかりだと思っていたので人を避けるかの様に、ひっそりとたたずんでいた
大型犬けぃちゃんの存在が異質に見えた。が深く考える間も無く作業。

動かなければ・・・ボ〜としている時間なんて無い。でも正直な話し。。。死ぬかと思った。
レインコートが肌に張り付き身体が呼吸出来ないんじゃないかと。
これまで長〜く生きて来た中で汗で目が見えなくなったのは初めてだ。途中、かなりヤバイ状態だなと感じ、破れたレインコートを着替える必要もあったので作業開始から初めて脱いだ。
全身で息が出来た。持って行った薬もついでに飲む。

気合を入れ直し新しいレインコートを着る。そして動く。ワン達の首輪の付け替え。早くしないと日が暮れる。照明なんて無いに等しい現場だったので明るいうちに出来る事をしないと・・・。

バリケンが頭数分プレハブに入る。それから首輪交換の作業が始まる。
この時始めてワン達を抱いた。毛が無い子達を胸に抱いた。暖かだった。「命」をしっかりと感じる。
慣れない作業に追われ片隅に追いやられていた感情が吹き出る。
どうしてこんな酷い状態までにしたと怒りがこみ上げる。

今でもこの時の「命」の暖かさを思い出す。

次から次と首輪交換を終えたワン達をバリケンへ。代表が用意したステンレスのボールに水を入れ
ワン達のバリケンに運ぶ作業を黙々とされていた。。。


2007.08.15 Wednesday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【46】  命


悲しすぎる目を見た日 

8月1日水曜日仕事休み。
午前中、ふと思い立ってアーク・エンジェルズに電話を入れる。AAの日誌で新たなレスキューが始まっているのを知り気になっていた。和泉の件以来ブーマが病気になってしまい全くAAに行く事もなくなってしまっていた。病気の事は、どの時点でだったか忘れてしまったが代表に電話をし当分、何のお手伝いも出来ないと伝えてはいたが。代表にも心配して頂いた。
無事に退院してから今度は私の体調が悪くなり、ますますAAに行く事も(遊びにだけど)電話をする事も無くなっていた。

新たなレスキューがきっかけで電話。特に用事も無いのに何を話したら良いのかな、と思いつつ誰かが電話に出るのを待っていた。で、いきなり聞こえてきたのは代表の声。事務所に電話を入れて代表が出られる事があまり無いので驚いた。ご無沙汰している事、ブーマが元気になってきている事などを簡単に話し、又、大変なレスキューに入られたんですねと、能天気に聞いてしまう。

日誌で広島ドックパークレスキューの経験上、場所・頭数などは暫くの間、非公開と書かれていたので何故か遠距離を想像していた。軽く何処なんですか?と代表に伺い、まだ非公開なんだけど、と言われ教えて貰う。「○○さんの所だよ・・・」と代表。「えっ?私の所?」何度も繰り返し聞いた様に思う。

突然の話しに動転してしまう。何に動転したのかよく分からないが。行かなきゃ、手伝わないと・・・と思ったが急な状況確認そして、やはり体調の事が気になった。どうしても用事があり、すぐに動けない状態だったので代表には行ける様だったら行きますと答え一応、住所を聞いた。

用事を済ます為、家を出た所で統括から電話が入る。今、神戸に向かっているとの事だった。
その電話で「行きます!」と気持ちが固まって答えていた。用事を済ませてからだったので2時間後位だったか統括に電話を入れ、今から行っても役に立つのか伺ったところ「大丈夫、今からよ!」と言われたので急いで現場へ向かう。神戸と言っても、ここからだと1時間はかかる。
焦る気持ちで少し迷ってしまったが無事到着。

「とにかく見てみる?」と統括に言われワン達が居る場所へ。
ワン達の様子はAAの日誌で見ていたが、実際、現場に立つと言葉が無かった。
「可哀想」なんて言葉が通じる様な状態では無かった。
広島では当然、現地に行け無かったのでAAを信じて応援するしかなく、和泉の件でも私も
数のウチだろうとウロウロしていただけだった。
実際、AAがレスキューをしようとしている現場にこの足で立ったのは初めてだった。

ワン達の顔がみんな同じに見えた。犬種の違う事は何となく分かったが、みんな同じ目だった。
犬の半端じゃない悲しい目を見たのは初めてだった。何も言葉が出なかった。

それからが私にとって本当に戦いだった。レインコート上下を身に着けたとたん、汗が吹き出た。
私は汗っかきでは無いが本当に瞬間的に汗がTシャツを湿らせた。

暫くすると早朝から大阪を出発し滋賀から約11時間かけて荷物を積んだスタッフの方の車が到着。
本当に大変だったと思う。休む間も無く、たくさんのバリケンを積んで来てくれたのでそれを降ろし、
組み立てる。そしてナンバーを貼って、バリケンの中を綺麗に拭いていく。
それをプレハブの中に積み上げていく。ワン達には既にナンバーが書かれた首輪をしていたが消えかけているので新たにナンバーを書いた首輪の付け替え。
付け替えた首輪のナンバーと同じナンバーが貼ってあるバリケンにワン達を入れていく・・・


2007.08.08 Wednesday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【45】  命



みんな元気に・・・


大人しい子です。前足が悪いのでタオルを敷いて楽になったかな。



スヤスヤ。。お薬・薬浴のお蔭で眠れる様になったねzzz



辛かったね。もう大丈夫。頑張ろうね。優しい目の子でした。



カメラを向けると ”えっ何?” 表情がでてきたね。



たくさんのバスタオルが届いていました。
広島の時の様に届けられた荷物にはかなり遠方からの住所も・・・

最初に会った頃より顔にそれぞれの個性が出てきている様に思いました。
まだまだ時間が必要な子達ばかりです。
でも、AAスタッフ・毎日参加されているボランティアさんのお蔭で
確実に「生」へ向かって歩き始めている子達です。

こんな子達が送って頂いたバスタオルを使っています。

和泉の子達の事が今更ながらに無念です。

早く滋賀シェルターが使えたら。。。と思います。当分、過酷な状況が続きそうです。



2007.08.06 Monday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【44】  命


日本全国、猛暑・・・ここ関西でも湿度が高い暑さが毎日続いている。
AAとボランティアさんの戦いにこの『猛暑』が加わる。ただでさえ暑さが堪える作業だろうにビニールのレインコートを着ての作業。家の中や街中をこの格好で歩くだけでも暑くてたまらないだろう。

それでも作業を続けるAAスタッフ・ボランティアさん。理由ははそこにワン達が居るから。ただ、それだけの事。助けなくてはいけないワン達が、そこに居るからだ。その思いだけで『猛暑』と戦っている。

4日、代表が倒れられた。正直なところ、チョットやばいなぁ…と感じていた。
広島以来、息つく暇なく大きなレスキューが続いた。大阪和泉の件では4回に渡る審尋があった。
毎回、審尋が終り部屋から出てくる代表の顔は疲れが目立つ様になっていた様に思う。
審尋に必要な書類等の作成も大変だったようだ。

そして、広島・大阪とも世間やマスコミの誹謗・中傷を受けて立っていた。
いくらあの代表でも、かなりのストレスだったに違いない。
まだまだ、必要な人だ。ワン達にとって。暫くは大人しくしていて下さい。。。

あの子達は何年も暑さ、寒さに耐えあの様な姿になった。そして生き抜いてきた。

引き続き、そんなあの子達にバスタオルのプレゼントを、どうか宜しくお願い致します。

*お願い*
全頭疥癬のため、使用したタオルは全て廃棄処分しております。皮膚がただれている為に、
タオルを引いています。子育て中の子たちも清潔を保つため何度も交換します。
中古バタオルのご協力をお願い致します。

アーク・エンジェルズ日誌より。


【送り先】〒534−0014  大阪市都島区都島北通り2−20−2
ARK-ANGELS




2007.08.03 Friday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【43】  命


あの子達にプレゼントを・・・

やっとバリケンに1頭づつ自分達の場所が出来ましたね。
詰め込まれていた世界から空間のある世界に・・・ただ、みんな毛が有りません。硬い上では可哀想。
ふんわりタオルの上で寝た事なんて無いでしょう。

ご自宅で使われていないバスタオルがございましたら、
地獄の中を生き抜いてきたあの子達にプレゼントして頂けないでしょうか。

ご好意で送られたタオルは本来、洗濯をして大切に使うべきですが
今回は交換の度に廃棄処分になってしまいます。

それでも、あの子達にとっては大切なタオルです。
赤ちゃんも産まれていますね。ボロボロになった身体で必死で子育てをしている様です。
そんな、お母さんと赤ちゃんにもタオルが必要です。

全頭、快復するまでに時間がかかりそうです。バリケン等に敷くタオルがかなり必要と思われます。
1枚でも2枚でも構いません。あの子達にバスタオルのプレゼント、お願い出来ないでしょうか。
宜しくお願い致します。




*お願い*
全頭疥癬のため、使用したタオルは全て廃棄処分しております。皮膚がただれている為に、
タオルを引いています。子育て中の子たちも清潔を保つため何度も交換します。
中古バタオルのご協力をお願い致します。

アーク・エンジェルズ日誌より。



【送り先】〒534−0014  大阪市都島区都島北通り2−20−2
ARK-ANGELS






2007.08.01 Wednesday

小さなアーク・エンジェルズの大きな戦い 【42】  命


又、このタイトルを使う事になる。

アーク・エンジェルズの日誌でご存知の方も多いと思うが新たなレスキューに入った様だ。

どんな神経を持ち合わせていたらワン達をあの様な状態になるまで放置できるのかと思う。

が、今はどんな異常な人間かと言う事が問題では無い。今はあの子達の「命」だ。

どうして後から、後からこんな世界が目の前に広がるのだろう。これも氷山の一角なのかも知れない。

いつになったら、この様な惨状が無くなるのだろうと誰もが思う事を、繰り返し何かに問うてみる。



Powered by
30days Album